シルビトラの効果でEDを治せた!?   >   シルビトラの2つの有効成分

シルビトラの2つの有効成分

2つの成分

シルビトラは、バイアグラとレビトラの効果を2つ持っているED治療薬になります。
そのため、バイアグラのジェネリックともレビトラのジェネリックとも言われており、その2つの良い効果を取りこんでいます。
シルビトラに同時配合されている、EDに効果のある有効成分を2つについて調べてみました。

シルビトラに含まれる有効成分の2つの内の1つが、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルです。
このシルデナフィルは、世界ではじめて開発されたEDに効果のある有効成分であり、EDに効果があると分かるまでは、狭心症治療のための薬として開発されていました。
医療名では、5型ホスホシエステラーゼ阻害剤と呼ばれており、間接的に血管を拡張させ、血流を増やす働きがあります。
こちらのシルデナフィルは水に溶けやすく、身体に取り込まれる時間も、排出される時間も短いのが特徴になります。
また、食事の影響を受けやすく、空腹時以外に使用すると効果を発揮できない確率がかなり上昇します。

シルビトラに含まれるもう1つの有効成分が、レビトラに含まれる有効成分であるバルデナフィルです。
こちらもシルデナフィルと同様に5型ホスホシエステラーゼ阻害剤と呼ばれており、ペニスの勃起を妨げる5型ホスホジエステラーゼを阻害します。
シルデナフィルと同じ系統の有効成分であり、世界で2番目に開発されました。
シルデナフィルを研究してからの開発により、シルデナフィルの欠点を限りなくなくすことに成功して成分でもあります。
バルデナフィルは、かなり溶けやすい構造になっており、シルデナフィルよりも即効性のある治療薬になっています。
また、シルデナフィルと違い、食事の影響も多少は受けにくくなっており、ある程度の量の食事なら影響を受けにくいです。